運用スタイルによる証券会社選び

公開日: :


私は現在むさし証券を利用しています。

合併前の旧そしあす証券から利用しています。

その理由は当時売買代金300万円までの手数料が非常に安かったためです。

当時の運用資金は500万~1000万というところです。信用取引もしていませんでした。

 

ところが運用資金が数千万~1億を超えてくると証券会社選びは難しいです。

300万円までの手数料が安くても3000万円の手数料だとSBI証券等の方が非常に安いためです。

運用資金が増えても今でもむさし証券を使っているには理由があります。

むさし証券の信用取引の買方金利が1.52%と非常に低金利なのです。

しかし、私は信用取引で数ヶ月金利を払ったような経験がないので、このメリットが生きてきているのか疑問です。

また、各銘柄の売買代金によりますが買いは1000万程度くらいずつ買わないと気配値に影響してしまいます。(俺がこの銘柄の株価をあげてやる!という考えならいいのですが。。)

SBI等の手数料が安い方がメリットが大きい気がします。。移行の手間等を考えると行動に移せていないのが現状です。

頻繁に取引することがいいことだとは思いませんので、手数料を気にしながらむさし証券を使ったほうが結果的に損をしないかもしれません。

 

まとめると

  • 1000万程度までの運用ならどこでもOK!(野村や大和などぼったくりは除く)
  • 信用取引も行い、短期売買中心で運用資金数千万以上ならば、SBI証券やライブスター証券などの高額取引の手数料が収束しているところ
  • 信用取引を行い、中長期売買中心で運用資金数千万以上ならば、むさし証券

 

こんなかんじですかね。

関連記事

no image

名誉毀損で敗訴濃厚なロイター、ユニバーサルエンターテインメントをしつこく攻撃

最近の岡ちゃん[/caption] ロイター社よりユニバーサルに国税局が調査が入ったとの記事が出

記事を読む

no image

本日のトレード 5/27 評価益+50万

本日のトレードはありませんでした。 相変わらず市場は強いです。何もできません。 &nbs

記事を読む

no image

本日のトレード 7/7 評価益+50万

本日のトレードはありませんでした。   「良いAndroidアプリを作る139

記事を読む

no image

2015年 ユニバーサルエンターテインメントはどうなるか

あけましておめでとうございます。 2015年はユニバーサルエンターテインメントはどうなるのか。

記事を読む

no image

昨日のトレード 4/28 (カジノ法案に暗雲?)

セガサミーを少量買って見ました。 下げるなら更に買い増ししようと思いましたが、値を上げていった

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメント平成29年12月期 第1四半期決算が発表されました

株価連動型鬱を発症していたのと多忙で更新が遅くなりましたが、8/7にユニバーサルエンターテイ

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメント平成30年12月期 決算が発表されました

ユニバーサルエンターテインメント平成30年12月期 決算が発表されました。 前四半期との比較を

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメント 第45期定時株主総会に参加しました 後編

  最後です。 長期的な展望について 単に資金力によって大手化するだけの

記事を読む

no image

本日のトレード 5/12(悲惨なDeNA)

本日のトレードはDeNA3万株全額売り、DeNAの損失を埋めるためにユニバーサル5000株売り、いす

記事を読む

no image

本日のトレード 5/15 評価益+150万

本日のトレードはありませんでした。 mixiがアプリゲーム「モンスターストライク」によって強気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 年齢:34
    株取引等で資産を増やすことで生計を立てています。
    現在の投資用のお小遣いは5億円程度です。
    国内唯一のカジノ企業ユニバーサル・エンターテインメントを応援しています。
    次回の金融緩和まで米ドルを持ちます。


PAGE TOP ↑