朝日新聞、慰安婦捏造問題で社長おわび しかしもう遅い 30年遅い!

公開日: : 最終更新日:2015/04/21 日々の生活


朝日新聞、1面で社長おわび 吉田調書取り消し (夕刊フジ) – Yahoo!ニュース

 

慰安婦捏造問題で頑なに謝罪を拒んだ朝日新聞が、要約本日の朝刊にて謝罪をしました。

これは自発的にしたとうより、追い詰められて、どうしようもなくなって謝せざるを得なくなったためしただけです。

朝日新聞は世の一般人を舐めていました。今までのトラブルと同様に時がたてば風化する、情報を操作すればいいと。

しかし、新聞の不買運動が起こり、スポンサー企業にも圧力をかけられ、社内でも反旗を翻す人間も出てきた。

謝罪しないと会社がどうにもならなくなるのでしただけです。社長はこの数日前に全社員へ向けて以下のようなメールと出しています。

 

長年にわたる朝日新聞ファンの読者や企業、官僚、メディア各社のトップ、 ASA幹部の皆さんなど多くの方から「今回の記事は朝日新聞への信頼をさらに高めた」

「理不尽な圧力に絶対に負けるな。とことん応援します」といった激励をいただいています

「慰安婦問題を世界に広げた諸悪の根源は朝日新聞」といった誤った情報をまき散らし、反朝日キャンペーンを繰り広げる勢力に断じて屈するわけにはいきません

 

なおこのメールを閲覧するには社員の個人パスワードを入れる必要があり、情報統制をとろうとしています。

こんな人間が数日で180度意見を変えて謝罪するでしょうか。ありえない。

朝日新聞の謝罪は上辺だけのものです。本件が風化すれば、また中国韓国の国益のために捏造報道を繰り返し、日本の国力を削ぐ活動を続けます。

 

以上から朝日新聞は日本から消滅すべき企業であり、害悪以外の何者でもありません。

ちなみに朝日新聞以外にも同じレベルの新聞会社もありますが、まずは朝日新聞を解体するのが先です。

関連記事

no image

岡田美術館に行ってきた~深川の雪展~ 1/2

ユニバーサルの株主優待でも配布された岡田美術館に行ってきました。 肝心の優待券は家に忘れてきた

記事を読む

no image

イスラム教徒対象商品「ハラル」 宗教とは無駄なもの悲劇的なもの

イスラム圏に商機あり  ~“ハラル”市場を狙う日本企業~   上記の動画を見ま

記事を読む

no image

持続化給付金コールセンターの闇 前編

こんにちは、よくぶかです。   持続化給付金の委託先企業、700億円に

記事を読む

no image

共同購入型クーポンサイトは安かろう悪かろう

昔、グルーポンにはまっていた時期がある。 通常価格より非常に安い値段で食事や買い物ができると思

記事を読む

no image

携帯電話を機種変更する前に絶対やっておくこと

先日、携帯電話を機種変したため機種変更前にやっておくことを書こう   こだわりがな

記事を読む

no image

体調不良時の真の対処法

風邪は放っておいても治る 先日から風邪をひいている。 普通であれば病院に行き、レントゲンでも

記事を読む

no image

コーシャハイム方南町に行ってきました

先日、コーシャハイム方南町という新築賃貸マンションを見てきました。 JKK東京【東京都住宅供給

記事を読む

no image

宗教は下々の犠牲の元に成り立っている(2/3)

宗教は下々の犠牲の元に成り立っている(1/3) 前回の続きです。 私が大学生の時に「エホ

記事を読む

no image

パチスロ規制で6号機、パチンコ規制で出玉制限と設定機能で規制緩和?

6月19日にパチンコ業界6団体が警察庁に招集され、風営法の改正についての説明がされたようです。

記事を読む

no image

オンラインストレージサービスのプライバシーは大丈夫か?

オンラインストレージサービスはたくさんあるが、情報弱者の私は普段からYahoo信者なのでYahooボ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 年齢:34
    株取引等で資産を増やすことで生計を立てています。
    現在の投資用のお小遣いは5億円程度です。
    国内唯一のカジノ企業ユニバーサル・エンターテインメントを応援しています。
    次回の金融緩和まで米ドルを持ちます。


PAGE TOP ↑