ユニバーサルエンターテインメント平成27年3月期 第3四半期決算考察追記

公開日: : 最終更新日:2015/02/18


ユニバーサルエンターテインメント平成27年3月期 第3四半期の決算が思ったより減益となっていた理由は以下の通り

1.新台不足

沖スロ!とハーデス別パネルしか販売していなかった。

しかし、2万台もあればトントンか数億程度の赤字だろう。

 

2.販売費および一般管理の増加

これが今回最も影響の大きかった費用ではないだろうか。

その内容としては

・2014年5月にウィンリゾーツとの裁判においてディスカバリーが再開されており、それに関連して弁護士費用や翻訳費用等。

・フィリピンにおけるカジノリゾートプロジェクトの工事に関連する費用

・グループ全体の従業員の増加による人件費

これが販売費および一般管理の増加要因のようだ。

ウィンとの裁判は着実にすすんでいるようであることが確認できた。

 

 

 

ミリオンゴッド~神々の凱旋~の売上は平成27年3月期決算に含まれる

その他にミリオンゴッド~神々の凱旋~についての情報もあった。

ミリオンゴッド~神々の凱旋~は3月より納品され、3月納品分については平成27年3月期の売上となる。

これによって今期決算の見栄えは良く見えるだろう。

 

来期の決算は未知数

ゴッドを今期決算に含めたこととAT機規制で来期のパチスロ収益はかなり厳しいものとなるだろう。

「ウィンリゾーツ裁判」か「マニラベイリゾーツ」の大幅な進展がなければ株価は下がる一方だ。

しかし、ユニバ側としてはこの二つに見込みがあるからこそ何もなかった今期にゴッドをぶつけてきたのではないだろうか。

ま、おまけで日本カジノもプラスに働く可能性がある。

来期はパチスロからカジノへの事業転換において重要な年になるだろう。

関連記事

no image

ユニバーサルエンターテインメント 第46期定時株主総会に参加しました 前編

おはようございます。よくぶかです。 今年もユニバーサルエンターテインメントの株主総会に

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメントを8000万円まで買い戻した

9月始めにユニバーサル株をほぼすべて売りましたが、状況が若干好転してきたので買戻しています。

記事を読む

no image

トンピンがユニバーサルエンターテインメントから撤退 なぜ?

こんにちは、よくぶかです。   12/26 12:40頃にトンピンのプ

記事を読む

no image

カジノ法案 今期国会では厳しいとのこと

臨時国会なら確実だと言われたカジノ法案は今期の法案採択は厳しいとのことです。  

記事を読む

no image

中小銘柄に注意!スリッページを意識していますか?

こんにちは、今日はスリッページについて語ります。 スリッページとは、株式投資などで指値の注文を

記事を読む

no image

本日のトレード 6/26 評価益-100万

本日のトレードはありませんでした。   電力会社各社の株主総会があったようです

記事を読む

no image

本日のトレード 5/15 評価益+150万

本日のトレードはありませんでした。 mixiがアプリゲーム「モンスターストライク」によって強気

記事を読む

no image

本日のトレード 5/21 評価益+350万

本日のトレードはありませんでした。 アメリカ市場はやはり調整ムードな感じになりましたね。 以前な

記事を読む

no image

本日のトレード 5/9(DeNA 買い 日経レバ 売り)

本日のトレードはDeNA 3万株信用買、日経レバETF 7000株すべて売りました。 いや~や

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメントが通期業績予想を上方修正!

業績予想の修正に関するお知らせ ユニバーサルエンターテインメントが通期業績予想を上方修

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 年齢:34
    株取引等で資産を増やすことで生計を立てています。
    現在の投資用のお小遣いは5億円程度です。
    国内唯一のカジノ企業ユニバーサル・エンターテインメントを応援しています。
    次回の金融緩和まで米ドルを持ちます。


PAGE TOP ↑