ユニバーサルエンターテインメントがフィリピンのカジノパートナー候補との訴訟に勝利

公開日: : カジノ


data

ユニバーサルエンターテインメントがフィリピンカジノでのローカルパートナー(Century Properties Group Inc)との裁判に勝利しました。

GGRAsia – Philippine appeal court favours Okada vs Century in Manila

The Court of Appeals in the Philippines has sided with Japanese businessman Kazuo Okada in a case against Philippine developer Century Properties Group Inc regarding a casino resort project in the country’s capital Manila.

“The company was notified by its legal counsel… of a court order issued by the Court Of Appeals dated March 27, 2015 granting Okada’s petition for review” of an injunction requested by Century Properties, the latter told the Philippine Stock Exchange on Thursday.

The dispute is important because under the country’s constitution and public land laws, only Filipinos, or entities owned at least 60 percent by Filipino citizens, are allowed to own land, thus restricting Mr Okada or his majority-owned companies to just 40 percent ownership of the land where the under-construction casino resort sits. A key issue was under what terms Philippine majority-owned Century Properties might fulfil the “local partner” role.

The latest court decision set aside an earlier ruling dated July 2014 by a regional court stopping a group of companies controlled by Mr Okada from terminating a deal with Century Properties to develop jointly the US$2-billion Manila Bay Resorts (pictured in a rendering), a major casino and real estate project.

The local casino regulator, the Philippine Amusement and Gaming Corp (Pagcor), originally wanted the first phase of the property open by the end of the first quarter of this year. A local media report in March said Mr Okada would be allowed to “complete” the resort by the first quarter of 2017.

Century Properties said in its Thursday filing that its management was “now studying the legal options” at its disposal regarding the latest court order.

The Philippine developer added the Court of Appeals order comes after the company on April 17 filed a notice of arbitration before the Hong Kong International Arbitration Centre in order to settle the dispute.

Century Properties has previously said it was open to settling its dispute with Mr Okada out of court.

In the July 2014 ruling, a regional court had “ordered the issuance of an injunction prohibiting the Okada group from giving effect to the termination of the agreements” with Century Properties, the company told the Philippine Stock Exchange at the time.

The injunction also prohibited Mr Okada’s group from striking a deal with any other local partners.

The original deal with Century Properties, signed in October 2013, would have made it 36-percent owner of Eagle I Landholdings Inc, the Okada-controlled company that holds the 44-hectare (109 acres) site where the casino resort will rise. The Philippine developer was set to build luxury residential and retail properties in a 5-hectare site within the complex.

The deal collapsed in March 2014 after First Paramount Holdings 888 Inc, the second local participant in the agreement, backed out of the deal to acquire 24 percent of Eagle I. The two local entities combined would otherwise have controlled 60 percent of Eagle 1, satisfying the local rules.

Mr Okada’s group holds one of four licences handed out by Pagcor for casino resort projects in an area known as Entertainment City.

ざっくり言うと、Centuryとはカジノパートナーとなり得るはずだったが、もう一つのパートナーParamount Holdings 888がパートナー候補からはずれてしまったため、ユニバーサルのカジノ構想とはずれた形になってしまっていた。

Centuryはユニバーサルと2社でもいけると思っていたが、ユニバーサルは一旦白紙に戻した。これを不服としてCenturyは裁判を起こした。

昨年、この裁判の結果はCenturyに軍配が上がったが、控訴し最終的にはユニバーサルの勝利となった。

そして、2017年第1四半期のカジノ開業も許可したと報道されたと書かれているがホントかいな?

 

いずれにせよユニバーサルにとってはグッドニュースです。パートナー問題の解決に一歩前進しました。

 

関連記事

no image

フィリピンのカジノ市場規模推移

中国の景気後退をうけてマカオでは軒並みカジノ収益が落ちています。 2014年にはマイナスに転じ

記事を読む

no image

okada manila(オカダマニラ) が予定通り開業!

12/21にオカダマニラが予定通り開業しました。 カジノフロアや会議室等の一部の施設だ

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメントがドイツ銀行から多額の融資

OKADA HOLDINGS LIMITED 変更報告書 2015年02月18日. 少し前だが

記事を読む

no image

カジノ法案 今期国会では厳しいとのこと

臨時国会なら確実だと言われたカジノ法案は今期の法案採択は厳しいとのことです。  

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメント 第46期定時株主総会に参加しました 中編

  ユニバーサルエンターテインメント 第46期定時株主総会に参加しました 前

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメントがホール景品ブランド「sevens」を発表

ユニバーサルエンターテインメントがホール景品を「sevens」というブランドにして売り出すようです。

記事を読む

no image

アクセスジャーナル社の違法行為に神の雷!ユニバーサル完全勝訴!

株式会社アクセスジャーナル他との訴訟に関する最高裁判所の決定について アクセスジャーナ

記事を読む

no image

City of Dreams Manila opens in Entertainment City!!!

昨日12月14日、フィリピンのEntertainment Cityプロジェクト4つのうちで2番目のC

記事を読む

no image

MANILA BAY RESORTS こんなものが日本にできたらワクワクしないか?

日本の企業だけで作るカジノ。 私が応援するユニバーサルエンターテインメントです。 &nb

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメント平成29年3月期 第1四半期決算が発表されました

ユニバーサルエンターテインメントの第1四半期決算が発表されました。 売上高 20,37

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 年齢:34
    株取引等で資産を増やすことで生計を立てています。
    現在の投資用のお小遣いは5億円程度です。
    国内唯一のカジノ企業ユニバーサル・エンターテインメントを応援しています。
    次回の金融緩和まで米ドルを持ちます。


PAGE TOP ↑