ユニバーサルエンターテインメント 2017年の展望と今後について

公開日: : カジノ,


どうも、新年早々ユニバーサルエンターテインメントが3500円を突破するというおめでたい状況です。

皆様もハッピーな気持ちで新年を迎えられたのではないでしょうか?(売り豚除く)

 

2017年、そして今後ユニバーサルエンターテインメントはどうなるかということについて主観を交えて書きたいと思います。

カジノ事業

オカダマニラ

okadamanila201701

カジノ事業の今年のトピックスとしてはまずオカダマニラがどうなるかということでしょう。

現状はカジノフロアの一部と中華フードショップがオープンしているようですね。

casinoom

その後、直近ではドームビーチ、ナイトクラブのオープンがあります。

更にホテル、噴水、ショップ全店等段階的に施設を営業するようです。

当初、これだけしかオープンしないのか。。しかも段階的に。。。と思っていたのですが、ニュースに事欠かないという面では株価的には良かったのかもと思ってしまいます。

これによって、事業が進展するにおいてタイガーリゾートからIRがリリースされ、それを親会社のユニバーサルエンターテインメントが翻訳リリースという具合になり、今までオカダマニラについて公式発表が少なかった状態から多くのIRがリリースされる状態になる可能性があります。

1月12日には安倍首相が訪比、1月末にはミスユニバースがオカダマニラで開催され日本のメディアでも脚光を浴びることも考えられます。

そして2月末にはオカダマニラがグランドオープンします。

そこからは圧倒的スケールで世界中の富裕層を呼び込むことができるかどうか四半期ごとの業績を楽しみにしましょう。

また、フェーズ2以降の建設や他の地域のリゾート開発、空港整備等どの時点からとりかかるのかということが気にかかります。

現状、そのプロジェクトすべての資金を有していないので何らかの資金調達が必要でしょう。

今までのように私募債や借入の可能性もありますが、今年はタイガーリゾートの上場とウィンリゾーツとの裁判が決着するはずなのでその資金をもとに次の投資を始めるということも考えられます。私は後者のほうが可能性が高いのではと思っています。(補助的に借入や私募債も利用するかもしれません)

ともに数千億のスケールですのでこれらが解決すればフィリピンプロジェクトの資金問題は完全になくなるでしょう。

 

日本カジノ

casinohannya

日本のカジノ法案が成立してからユニバーサルは公式にはなんのアクションもとりませんでした。

今年はカジノ法案の実施法が議論される年なので日本カジノも大きく進展するでしょう。

その中で岡田会長は札幌は魅力的だと思っているようです。

Okada said he sees the northern city of Sapporo as an attractive location due to its natural resources and good seafood, and its existing popularity with tourists.

引用元: Philippine Casino Market Could Surpass Singapore, Okada Says – Bloomberg.

うーん。。東京でも横浜でも大阪でもなく札幌ですか。。良いところですが、日本でカジノを作るために一番の場所とはとても思えないですね。

東京横浜大阪は既に外資がおさえているという話を裏で掴んでいるからこんな発言をしたのでしょうか。。

絶対に大都市圏でやるべきです。カジノ誘致の関しては供給過多にならないように慎重に行うと国会で議論されていたので誘致に成功して需給関係が良ければほぼ儲かる算段なのです。

開業は5年以上先の話ですが事業者の選定前にセガサミー等と国内カジノ連合を組み、首都圏か大阪をとるのが理想です。

国内カジノ連合は2017年今年に結成すべきだと私は強く思います。石原軍団の岡田会長と安倍政権の里見会長が組めば外資に太刀打ちできると期待しています。

 

パチンコ・パチスロ事業

uninennga2017

2017年パチンコ・パチスロ事業はどこまで売上を維持してコスト削減できるかにかかっているでしょう。

旧基準機の混在状態による新基準機の低迷が問題で今年旧基準機を30%以下にするようですが、カジノ法案によるギャンブル依存症対策の一環として業界内で旧基準機完全撤去を決定すれば今年特需となり高水準の利益を享受することができるでしょう。

逆にパチンコ店入店にマイナンバー必須等の規制が実施となればパチンコ業界の急激な衰退から更に厳しい状況に追い込まれるでしょう。

マイナンバーの管理は機械の設置と運用費×1万店舗となると莫大な金額となるので実現できないのではないかと思っています。

また、万が一実施されたとしても今年中に実現できる問題でもありません。

ユニバーサルとしては2016年度は残り「スターオーシャン4」「アナザーゴッドポセイドン」「ハナビ系」等、業績予想を達成できる見積もりはたっています。

しかし来期以降は売上を減らしつつも機械原価減で営業利益150~200億程度の収益になる危険もあるのではないかと思っています。(今期は上期だけで営業利益155億)

どれだけ売れるのか検討がつきません。しかし5号機初期のように壊滅的な赤字になるわけではなく需要に見合ったスリム化を実施し、利益を確保できる実力は今のユニバーサルにあるはずです。富士本社長は売れる画期的な台を作るのには不得手ですが、こういう利益のコントロールはできる人だとみています。

 

ということをまとめると

今後はパチンコ・パチスロ事業の衰退をいかに早くカジノ事業がカバーして全体を底上げするかというのがユニバーサルの状態です。

関連記事

no image

MANILA BAY RESORTS こんなものが日本にできたらワクワクしないか?

日本の企業だけで作るカジノ。 私が応援するユニバーサルエンターテインメントです。 &nb

記事を読む

no image

manila bay resorts4月始めの現場情報(1/2)

現地エンジニアからmanila bay resorts4月始めの現場情報を頂きました。 今回は

記事を読む

no image

堀江貴文が日本カジノに言及。まだまだ認識不足だが期待!

日本にカジノを作れば、アジアの富裕層を取りこめる|君はどこにでも行ける|堀江貴文|cakes(ケイク

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメント平成27年3月期 第3四半期決算考察追記

ユニバーサルエンターテインメント平成27年3月期 第3四半期の決算が思ったより減益となっていた理由は

記事を読む

no image

よわ~くスウィング取引

最近の取引ですが、相変わらずユニバーサルエンターテインメントを少し扱っています。 1700円で

記事を読む

no image

株取引の現状

さっそく自分の株取引の現状を貼ります。最近の日経平均の下落によって1200万近く目減りしてしまいまし

記事を読む

no image

manila bay resorts4月始めの現場情報(2/2)

manila bay resorts4月始めの現場情報(1/2)の続きで~す。 今回は以下の部

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメント 第42期定時株主総会に参加してきました

今年もユニバーサルの株主総会に参加しました。参加者は200名程度でしょうか? まず、会

記事を読む

no image

マニラベイリゾーツOPENが2016年末まで延期

Japan's Okada may push back opening of Manila Bay

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメント平成29年12月期 第2四半期決算が発表されました

ユニバーサルエンターテインメントの平成29年12月期第2四半期決算が発表されました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 年齢:32
    主に株取引等で資産を10億円増やすことを当面の目標としています。
    現在の株式投資用のお小遣いは5億円程度です。
    国内唯一のカジノ企業ユニバーサル・エンターテインメントを応援しています。
    次回の金融緩和まで米ドルを持ちます。

    ↓クリックで応援お願いします。
    にほんブログ村 株ブログへ


PAGE TOP ↑