ユニバーサルエンターテインメント平成29年3月期 第3四半期決算が発表されました

公開日: : カジノ, パチスロ,


godposeidonn

ユニバーサルエンターテインメントの第3四半期決算が発表されました。

売上高 90,630百万円

営業利益 27,436百万円

経常利益 23,285百万円

純利益 14,980百万円

 

第2四半期決算と比較すると

売上高 56,585百万円 -> 90,630百万円 (34,045百万円増)

営業利益 15,550百万円 -> 27,436百万円 (11,886百万円増)

経常利益 23,809百万円 -> 23,285百万円 (524百万円減)

純利益 15,801百万円 -> 14,980百万円 (821百万円減)

 

急激な円高による為替差損が100億程度発生しましたが、本業の伸びがそれをカバーしています。

Twitterでは減益にならないだろうと予想していましたが、その他事業のカジノ事業による?損失が大きく若干の減益となりました。

申し訳ありません。しかし気にするほどの差ではありません。

 

通期の業績予想が1月の上方修正時と変わっていません。

 

パチンコパチスロ事業

第3四半期のリリース機種はパチスロ「クランキーセレブレーション」「バジリスクⅢ」となっています。

パチンコパチスロ事業は第2四半期より売上が約330億円、営業利益が約160億円増加しています。

クラセレが約1万台、バジリスク3が約6万台弱なので売上が約300億弱、残りが旧基準機再認定のための部品予防交換代となります。

部品の予防交換は非常に利益率が高いので営業利益率が約50%となっています。また開発効率化による製造原価低減もこれに寄与しているでしょう。

クラセレ、バジリスク3はともにヒット作とは言えず、相変わらず低空飛行が続いています。

しかし新基準機の低迷によってノーマル台のバーサスの需要が出てきています。これによってクラセレの評価も見直される可能性があります。(たぶんないw)

 

第4四半期ではパチスロはスターオーシャン4、アナザーゴッドポセイドン、パチンコはえとたま79verが予定されているようです。

販売目標はスターオーシャン4が15000台、アナザーゴッドポセイドンが35000台、えとたまが少数となります。

現状スターオーシャン4の導入がほぼ1台、多くて2台という状態で目標には大きく届かない予想です。アナポはそこそこ売れるとは思います。

パチンコでCRハーデスがリリース予定でしたがクソ物語の会社の陰謀で販売中止となりました。

この台は私も尖った台なので期待していましたので非常に残念です。こちらの販売目標は15000台でした。

CRハーデスは新基準機最高の大量出玉が実現できるので、北斗無双のようなヒット機種になった可能性があります。

ユニバーサル初のパチンコヒット作。これを潰したクソ物語は大きな恨みを買いました。非常に、非常に残念です。

以上を踏まえて通期の業績予想を見てみましょう。1月の上方修正から業績予想を変えていません。

第3四半期と比較すると

売上高 90,630百万円 -> 120,000百万円 (29,370百万円増)

営業利益 27,436百万円 -> 30,000百万円 (2,564百万円増)

経常利益 23,285百万円 -> 30,000百万円 (6,715百万円増)

純利益 14,980百万円 -> 20,000百万円 (5,020百万円増)

こうなります。

293億を売り上げるには6万台以上は売れないといけません。

スターオーシャン4は数千台(最悪5000台以下?)、アナポは35000台、えとたまは無視できるレベルとなるとこの売上には達しないですよね。

これを補うには旧基準機の部品予防交換(ハーデスの残りか沖ドキ?)か近年名物の4月のリリース台を前期計上するくらいでしょうか?あとはアナポの大ヒットくらいかな(可能性低w)

どれもなければ通期の業績予想達成は難しいでしょう。

また、第3四半期より営業利益率が大きく下がります。これは高利益率の旧基準機の部品予防交換がないことを示唆している可能性があります。

 

通期の業績については見通し不透明なところもありますが、パチンコ業界にて赤字決算が多発する今期にこれだけの業績を発表できることはユニバーサルの力を示したと言えるでしょう。

 

カジノ事業

フィリピンカジノのオカダマニラは既に稼動していますが、グランドオープンは2017年2月末を予定していました。

今回の決算ではグランドオープンが3月末と告知されました。1ヶ月延期です。ややネガティブです。

フィリピンカジノ市況は依然として環境が良い状態が続いています。これがこの先のパチンコパチスロ事業を補っていくものだと思われます。

 

復配

今回は期末に40円の配当を予定しているようです。前期は無配、2期前は特別配当(30円)を抜かせば15円なのでかなり大きい配当です。

これはサプライズですね。多くの人が今期も無配を覚悟していたでしょう。

オカダマニラが軌道にのれば更に増配が期待できるでしょう。

 

決算をうけてPTSは35円高の4315円となっています。

現在マーケットではパチンコパチスロ事業の先行きよりもフィリピンカジノの期待値が上回っているので株価が堅調に推移しています。

今後もカジノ事業の期待と実益が本業をカバーできると更なる上昇が見込めるでしょう。期待しています。

 

関連記事

no image

NHKドキュメンタリーWAVE「変貌するマカオ~カジノ改革の最前線~」にマニラベイリゾーツが登場

2015年3月7日(土) 午後10:00~午後10:50にNHK BS1にてドキュメンタリー

記事を読む

no image

本日のトレード 6/5 評価益+150万

本日のトレードはありませんでした。   今日は雨でも昨日までの暑さから解放され

記事を読む

no image

禁煙化されたパチンコホールが増加中

北海道のパチンコチェーン店イーグルが禁煙店をオープンさせました。札幌市内では初とのこと。

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメントをほぼ売りました。

検定方法変更のリスクは許容できませんでした。 今後数年で数百億の機会損失になると思います。

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメント 第45期定時株主総会に参加しました 中編

続きです。 富士本社長のプレゼン後、一般株主の質疑応答となりました。 風営法改正後ど

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメントは現在も経常利益、純利益では業績予想を変えない方針

久しぶりにユニバーサルエンターテインメントのIRに電話をしました。 窓口の方に「メール

記事を読む

no image

日経先物大幅下落(5/7 4:00)

GW中にウクライナ危機、ダウ軟調、ドル安ときて日経平均先物は下がっています。 まだダウの水準が

記事を読む

no image

Manila Bay Resorts(マニラベイリゾーツ)5月末の現場状況。そして一部工期短縮。。!

Manila Bay Resorts 5月末時点での現場状況が入ってきました。現地エンジニアからの情

記事を読む

no image

資産170億のcis氏がユニバーサルエンターテインメント株を購入

BNF氏と並ぶ2ちゃんねるで有名な投資家cis氏が年明けから今までの間にユニバーサルエンター

記事を読む

no image

ユニバーサルエンターテインメント 第46期定時株主総会に参加しました 中編

  ユニバーサルエンターテインメント 第46期定時株主総会に参加しました 前

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 年齢:34
    株取引等で資産を増やすことで生計を立てています。
    現在の投資用のお小遣いは5億円程度です。
    国内唯一のカジノ企業ユニバーサル・エンターテインメントを応援しています。
    次回の金融緩和まで米ドルを持ちます。


PAGE TOP ↑